騎士立ち回り レンガありなしの考察

騎士のルールにレンガありなしというルールがあります。
ちょっと違うだけですが、村の進行はが変わってまいります。
どう立ち回り方が変わってくるのでそれを整理してみよう。

おおかみくん
おおかみくん

騎士のレンガありとなしだと、どう違うのかな?

きつね先生
きつね先生

大きく立ち回りが変化してくるから、整理しておくといいわよ。

レンガとは連続ガードの略。2日連続で騎士が同じ人を守れるかどうか

レンガありの進行について

具体的に、村の進行は3つの点から異なるでしょう。

  • 重要役職は初日COはなし
  • 騎士COは守った場所は言わない
  • 狼の襲う場所は固定になりやすい
などなど。それぞれ見ていきましょう。

重要役職は初日COしない

レンガあり村だと特に占い師などはほぼCO。
初日結果があれば言ったり、グレーを狭めたりと利点は大きい。
占い師2が出れば大体霊媒師が出て進行するケースが多い。
逆にレンガなしだと重要役職はCOしないケースもある。
2日連続守れないわけだから、次の日に2日分出してもらうというケース。
守れないからグレーから抜かれる可能性もあるので1長1短ある。
霊媒師からCOするケースも散見される。
1日目は霊媒師を守って確定&進行をお願いし2日目に占い結果を見るパターン。
1日目の夜にガードがあれば間違いなく占い師が生きているのでなかなかよい戦術の一つとは思う。
おおかみくん
おおかみくん

2日目に出る事で襲撃される可能性を減らしているわけだね。

騎士COは守った場所は言わない

通常だと、どこを守ったのかを話す場合が多いです。
騎士日記で、騎士がどこを信頼しているか、または複数出た時に信頼できるからですね。
レンガなしだと次に守ることができなくなるので言いません。

きつね先生
きつね先生

それを逆手にとって、守ってない場所を言う戦術もあるわよ。

ただ守れた場合はいいます。
狼側も守られたことはわかっているので次の日に襲撃するのは見えているからです。
もしそこが襲撃された場合は騎士の信用度が上がりますし、騎士が襲撃されたなら本物ということになり、守られた人が白くなります。

狼の襲う場所は固定になりやすい

占い師が初日出た場合、2回連続噛めば必ず噛めます。
よって、初日守られている可能性が高くても初日噛んでくる可能性が高くなります。
重要役職ほど早く噛みたいですからね。
特に初日占いないなら次の日占い結果を1日しか出せず、村側に厳しくなりやすいでしょう。
まとめ
主にレンガなしにした場合に行動が変わる場所をお伝えしました。
個人的には狼側が詰まなくなることが多く、おもしろい勝負だと思っています。
是非参考にしてみてください。

コメント