どんなプレイスタイルで行くべきなのか

人狼のプレイスタイルは色々なものがあると思う。
寡黙気味のスタイルであったり、よくしゃべったり、初心者を装ってみたり、相手に黒塗りor白塗りなど。

どのようなスタイルで行くかは人それぞれ。
多種多様なものを自分で決めていく事が出来る。

ここではぼくが気を付けている事と書いてみたいと思う。

  • 初心者に優しく
  • 新しい戦略を試してみる
  • 楽しい人狼にする

このあたりを気を付けている。

楽しい人狼にする

まず大前提。楽しくなくちゃゲーム、人狼ではない。
これは自分が楽しいという事も含めて参加者全体が楽しいってことも含む。
自分だけ楽しくても、他の参加者がつまらなかったらそれはぼくとしてもつまらないゲームということだ。

自分が楽しくても周りがつまらなくて、次から読んでもらえなかったり、またやっている人がつまらなくて人狼を辞めてしまうようなことがあれば、それはゲームに負けること以上の損失になってしまう。

参加者全員が楽しめる人狼というのは、なかなか難しいところだけど、常に努力目標として考えたい所。

楽しい人狼にするには?

ガチ勢には申し訳ないところだけど、上手い人はある程度配慮はしないといけないと思う。
人狼は初心者やあまり説明を上手く出来ない人は勝ち辛いゲーム。
そこの配慮は必ず必要だろう。

また相手の話を遮らずにちゃんと聞くという事も必要。
相手の話を聞くってのはとても当たり前の行為なんだけどそれが難しい事も多い。

人狼初心者への配慮

時間を眺めに取る、質問タイムを作る。わかりやすく説明するなどいろいろあるはず。
そういうものを怠ってはいけない。
またおかしいことを言っていてもあまり攻めすぎないのも重要だろう。
トラウマになって人狼をやらなくなってしまったら本末転倒である。

新しい戦略を試してみる

人狼は、ルールにのっとったことなら不快にならない程度で何をやってもいいと思うんだ。
それこそ村スラでもいい。
考えた結果を色々試してみてもいいんじゃないだろうか?
新たな戦術を考えて、実戦で試す、上手く行ったなら引き出しが増えるってことだ。
それについて重要なこともある

勝ちにこだわりすぎない

最終日に行く事を重要視する人もいる。
利点としては長くなることで人狼がボロを出したり騎士がガードするなどがあげられるだろう。
情報が落ちやすいってこともあるだろう。

まあ、それも1つの考えではある。
安定志向も重要だが、それよりも新たな戦略を試してみたい。
それゆえ、勝ちに遠のく可能性があったとしても・・・
やはり今までの戦術の方が勝ちにつながりやすいところはあるだろうから。

様々な人狼を試してみる

初心者優遇も新たなる戦術も共に重要。
ルールの改定でも大きく変わるように、やっている人でも大きく変わっていくだろう。
人狼に飽きる・・・ってことは少ないかもしれないけど、やはり変革は目指すべきだとぼくは考えている。

だからこそ様々な人狼を試してみるべきだろう。

ただ自分が何を目的としているか、それはぶれちゃいけない。
プレイスタイルさえしっかりしていれば問題ないはずだから、きちんとぼくは考えたいと思っている。

コメント